安全衛生に関する取り組みが優秀な事業所などを対象にした「佐賀労働局長表彰」において、当会議所常議員の豊田合成九州(株)佐賀工場様が優良賞を受賞されました。

 同工場は自動車の内外装部品・エアバッグ部品を製造しており、機械設備の新設・改造等の際は必ずリスクアセスメントを実施し、リスク低減を図っています。また残留リスクが高い作業については定期的に安全点検を実施し、安全対策を講じリスクレベルを下げる取り組みが行われています。
各職場でS(安全)、Q(品質)、E(環境)に関する提案を吸い上げ、職場環境の改善につなげる「困りごと吸い上げ是正活動」を行うなど安全衛生の意識が高い水準であること、それに2008年1月から無災害を継続していることが評価の決め手となりました。

 今回の受賞を受けて、野洲匡司工場長は「今回の賞は社員全員が長い時間を掛けて努力した結果が評価され受賞できた賞です。これを一つの機会に一人ひとりが自分の仕事・行動に誇りと自信を持って、さらなる安全な行動、安全活動に取り組んでいただきたいと思います。」と話されていました。